ホーム > お客様に聞く

お客さまに聞く
PCライフサイクルマネジメント(PC-LCM)導入事例 「日揮株式会社様」

今回のお客さま 世界のエンジニアリングビジネスをリードする日揮株式会社

日揮株式会社様

日揮株式会社様は、1928年に日本初のエンジニアリング会社として創業しました。以来、国家プロジェクトを含む2万件以上のプロジェクト実績を有し、アジア・中近東・アフリカ・南米・東欧など世界約70カ国で活躍するエンジニアリング業界のリーディングカンパニーです。

世界各地にエンジニアリングセンターを配置し、プラントやコンビナート建設など巨大プロジェクトを推進するグローバル企業。そのパソコン(PC)管理・運用ニーズはいかなるものなのでしょうか。

日揮株式会社様におけるIT資産の位置づけ

エンジニアリング企業の主なビジネスプロセスは、EPC(Engineering→Procurement →Construction)と呼ばれる「設計」→「調達」→「建設」のステップです。一見単純に聞こえますが、実際には非常に煩雑で、膨大なデータが伴うプロセスです。プラントやコンビナート建設には、数百万点に及ぶ機材が必要となります。その機材は多くのパーツからなるため、スペックや設計図、工事図面(CAD図面)などのデータを確認しながらプロジェクトを推進しなければなりません。この膨大なデータの取り扱いや管理は、人間が機械にかなわない業務です。

また、横浜本社と現場や各拠点といった離れた拠点、ベンダーやサブコントラクタといった関係者との連携に、パソコンは連絡ツールとして欠くことができません。海外の建設現場は、中東の砂漠のような自然環境が厳しい場所であることも多く、パソコンは、国を問わず、通信回線を介して、コミュニケーションを図る重要なツールのひとつです。

導入の背景と効果

日揮情報システム株式会社 システムマネジメント本部副本部長 森脇宏様

プロジェクト遂行の効率をアップする方法のひとつとして、個人の生産性の向上が挙げられます。日揮株式会社様では、4年ほど前にレンタルしたパソコンのハードウェアの仕様が陳腐化したことにより、個人の生産性も低下していました。この問題が、今回、パソコンのリプレイスをするきっかけとなり、実施時期は社内基幹システムのアップデートに合わせて行われました。
各プロジェクトには多くのメンバーが関与しています。基幹システムに利用できなければ、プロジェクト遂行に影響するため、できるだけ短期間にリプレイスする必要がありました。
「約3,500台のリプレイスに許された時間は、2カ月間でした。しかもデータの移行作業は、金曜日の就業時間後から月曜の朝までに終える必要がありました。パートナー選びの第1条件は、これを実現できる企業でした。数社から提案を募り、各社から提示された条件を比較検討した結果、最終的にオリックス・レンテックに決定しました。決め手は、納期のスピードとロジスティクス、何よりレンタル事業を通して培われたパソコン資産管理の豊富な経験への期待でした」と鈴木グループリーダーからコメントをいただきました。
そして、無事期間内での作業が完了。板倉部長からは「オリックス・レンテックは、毎週末に納品する大量のパソコンの搬入・設置、旧パソコンの回収・搬出などは優れた物流システムによってスムーズに行われ、データ移行や移行作業中のチェック・フォロー作業は確実にプロセス管理されていたため、安心して任せることができました」との総括をいただきました。

オリックス・レンテックの担当者は、「お客さまの期待に応えたい一心だけでした」とのこと。常時、約3万種類、60万台のレンタル商品を繰り回し運用するキッティングセンターのノウハウが、そんな担当者をバックアップしました。

パソコン管理の業務において迅速さが求められる場面は、全社規模のリプレイスに限ったことではありません。常に海外の拠点へ飛び出していく社員が多い中、障害が発生したパソコンの修理で何日間も足止めすることはできません。これを可能にしたのが、オンサイトサポートです。
常駐スタッフを配員することで、日々のヘルプデスク機能をアウトソーシングし、システム担当者の業務負荷が軽減、その場でのメンテナンスや修理も実現しました。

日揮株式会社様でご利用のPC-LCMサービス

  • キッティング
  • クローニング
  • ヘルプデスク(オンサイトサポート)
  • メンテナンスサービス

将来展望

経営ヴィジョン(Key Words)

「国境なき技術団」として地球規模の課題や資源国のニーズに応えていく使命があるとおっしゃる日揮株式会社様。技術力を基盤として、世界規模でコアビジネスであるプラント建設や投資事業などのさらなる展開、さらなるグローバル化を期待します。

■今回のお客さま
日揮株式会社 エンジニアリング本部 情報技術部企画グループ グループリーダー 鈴木茂明様
日揮情報システム株式会社 システムマネジメント本部 副本部長 森脇宏様
日揮情報システム株式会社 システムマネジメント本部 カスタマーサービス部 部長 板倉良江様

日揮株式会社 エンジニアリング本部
情報技術部企画グループ
グループリーダー 鈴木茂明様

日揮情報システム株式会社
システムマネジメント本部
副本部長 森脇宏様

日揮情報システム株式会社
システムマネジメント本部
カスタマーサービス部
部長 板倉良江様

日揮株式会社(英文社名: JGC Corporation)
創立
: 1928年(昭和3年) 10月25日
資本金
: 235億1,118万9,612円
従業員数
: 2,069名
※2009年3月31日現在

オリックス・レンテックのレンタルサービス

PCライフサイクルマネジメント(PC-LCM)とは
PCライフサイクルマネジメントの考察
PC-LCMの取り組み
レンタル会社ならではのPC-LCMサービス

豊富なラインナップときめ細やかなサービスで、設備調達をサポートいたします。

サービスの詳細はこちら
パソコン・測定機レンタル

ページの上部へ
総合受付はこちら
メールニュースお申し込み