ホーム > 時代が求める企業テーマ > コンプライアンスから内部統制へ
> “人”とクルマのコンプライアンス管理【2008年編】第2回

コンプライアンスから内部統制へ 時代が求める企業テーマ

2008.10.28データから情報へ、そして生かす知恵へ――

クルマにまつわるデータの蓄積。それらが統合され、活用されることがコンプライアンスの鍵。データを集め、どう組み合わせて、どう生かすのか。リースだからこそ得られるオリックス独自のデータ集積・統合・活用についてご紹介します。

内部統制の強化義務づけや、さまざまな法令・規制強化で、企業の社会的責任はこれまでになく大きくなったことはこれまでもお話しした通りです。“人”とクルマの内部統制においても、企業は「コンプライアンスの強化」、「環境問題への対応」、「安全面への対策」を徹底していく必要があります。しかし、これらに万全かつ効率的に対応するのは容易なことではありません。

これまで、自動車リースのメリットとして「車両管理業務の軽減」や「コスト削減」が真っ先に取り上げられてきました。しかしこれからの時代、リースによっていかにリスクに関わるデータを得られ、なおかつ、そのデータを組み合わせてリスク・マネジメントや環境対策に生かせるのかが、自動車リース会社選定の重要な鍵となりつつあります。

オリックス自動車株式会社の浅見照一執行役員は、十数年前からこれからの企業とクルマのありかたや、「企業のクルマ」に求められるものを見据え、「“人”とクルマのコンプライアンス管理」の重要性を訴えてきました。そして、それにはクルマに関するトータルデータの取得と活用が不可欠であると訴えます。

オリックス自動車株式会社 執行役員 浅見照一

「“人”とクルマのコンプライアンス管理」を徹底するためには、企業にダメージを与えかねない問題の芽を把握し、いち早く対策を講じることが重要です。企業を揺るがす大きな問題の一歩は、一人ひとりの社員の一見些細な問題に端を発することも少なくありません。そのためにも、“人”とクルマにかかわるデータを集積し、それらを組み合わせて、統合・分析する。それによって単なる数値が、初めて有効な情報として生まれかわるのです。さらに、その情報をもとに、予防の一手を打つ、それこそが、これからの企業に求められると思います。」


車に関するトータルデータの取得・活用

図:車に関するトータルデータの取得・活用

オリックス自動車にはこうした発想のもと、リース契約をしていただいているお客さまのクルマに関するさまざまなデータを保有し、統合管理することができる、車両管理者向けポータルサイト「e-ERG」があります。e-ERGは、単にリースのご利用で得られるデータを蓄積するだけでなく、それらを組み合わせ、“人”とクルマのリスク・マネジメントにご活用いただける工夫がなされています。

オリックス自動車株式会社 執行役員 浅見照一

「e-ERGはこれまでご利用いただいているお客さまのさまざまな声やご要望を反映して設計されており、契約管理、事故管理、給油管理などに関する情報を一覧画面、個別詳細画面で簡単に管理することができます。そして、これらのデータをマージすることで、クルマはもちろんクルマにかかわる“人”の管理も可能になり、コンプライアンス、安全や環境にいたるリスク・マネジメントに生かせるのです。もちろん、データはCSVデータでダウンロードすることもできます。」


テレマティクスを活用して取得する走行距離や運転速度などのリアルな運行データ、給油量など燃料にかかわるデータを記録するAMSカード、ETCデータ、事故情報や運転挙動分析のデータなど、クルマと“人”にまつわるさまざまなデータの集積をし、それをe-ERGというポータルサイトで統合管理することを可能にしたのが、他にはないオリックス自動車最大の特徴です。さらに、e-ERGでは、モデルチェンジ情報や税制改正等の自動車業界関連情報といったものをご提供するのはもちろん、車両管理に伴うさまざまなリスクとその対策についてのリスク・マネジメント情報のご提供や環境レポート作成支援、また必要に応じてコンサルティングなどの対応もしています。

オリックス自動車株式会社 執行役員 浅見照一

「これからの時代、企業にとって環境配慮とリスク・マネジメントはコストに優先すべき課題になってきます。各種データを集積し、組み合わせて“人”とクルマのコンプライアンス管理にとって有効な情報として生かすことが重要なのです。リスクを顕在化させるトータルデータとその分析・活用ができなければ、いくらコスト削減ができたとしてもクルマは企業を脅かすリスクであり続ける。自動車リース会社もそうした認識を持って選ぶことが、持続可能な事業活動を維持する近道だと確信しています。」


次回以降では、さまざまなデータをe-ERGで管理し活用する具体的な例をご紹介していきます。

サービス提供会社:オリックス自動車株式会社

ページの上部へ
総合受付はこちら
メールニュースお申し込み