BCMについて

オリックス株式会社リスク管理本部副本部長 糟谷 英治
オリックス株式会社
リスク管理本部副本部長
糟谷 英治

今回ご説明いたしますBCMは、Business Continuity Management の頭文字で、日本語では「事業継続マネジメント」などと訳されていますが、昨今ではBCMのままで普通に使われるようになってまいりました。

BCMとは

BCMとは、「さまざまなリスクによって生じる事業活動の中断に対して、事業に必要な最低限のサービスレベルを戦略的に決定し、事業の継続性を効率的かつ合理的に確保する経営管理プロセス」だと言えましょう。
日本では、BCMのことを「災害時復旧体制の構築」と狭く解釈しがちで、新聞や雑誌にもそういう記事も見かけます。しかし本来のBCMは、「大規模自然災害」のみならず、テロや戦争などに起因する「通信網・交通網の機能不全」や「重要な施設の使用困難」なども想定いたします。また伝染病や事故などに起因する「主要社員の喪失」を想定する場合もあります。

BCMのメリットとボトルネック

BCMがしっかり構築されていれば、有事に際しても企業価値の毀損を最小化できますし、株主や債権者への説明責任も果たせます。また、発生した損害に対して第三者から訴えられた場合でも適切かつ効果的に抗弁することが可能となりましょう。

BCM構築には、緊急事態のタイプごとに「事業継続に障害となるボトルネックが何なのか」を知る必要があります。それは「システムのハードの正常稼働」ということもあれば、「データベースや通信ネットワークの復旧」ということもありえましょう。また、「専門家や技術者の確保」ということもあれば、「代替オフィスの設置」ということもありえましょう。もちろんこれらの組合せということも一般的です。

BCMにおける目標復旧時間(RTO)の考え方

いずれの場合にも共通して活用されている経営管理上の重要な指標が「目標復旧時間」です。Recovery Time Objective の頭文字を取って「RTO」とも呼称されています。ご覧の図は、それを表したものです。

BCMのプロセスにおいては、緊急事態が発生した時の事業復旧訓練やシミュレーションを行います。そして、ボトルネックとなっているインフラが何なのか、どのインフラの復旧プロセスを改善すればRTOを劇的に改善できるのかなども検証いたします。

次に、その企業の戦略的な活動目的である「マーケットシェアの確保」だとか「レピュテーションの維持」なども考慮にいれた上で、目指したい理想の復旧ラインとそれを実現するための投入コストを予め具体的に決定いたします。すなわち、「当社ではこれこれの突発事態が生じた時は、何時間で、平常時の何%まで事業またはサービスのレベルを復旧する」と決定して、それが可能となるように体制を構築するわけです。

これを行って対外的にも公表できれば、株主や債権者や顧客のその企業への理解と評価は格段と高まりましょう。

次回からは、企業価値を創出するためのリスクマネジメントについて6回にわたってお送りいたします。今後も皆さまの会社経営のヒントになるお話をさせていただく予定です。ありがとうございました。