ABLとは、不動産以外の動産、たとえば在庫や機械設備等の動産を担保として実行する融資のことです。
2005年10月3日より、「債権譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律の一部を改正する法律」が施行され、動産譲渡登記制度が創設。登記(動産譲渡登記)をもって第三者に対抗することが可能になりました。

  1. 当社および当社指定の評価会社にてお客さまの在庫(商品、仕掛品)を実地調査し担保価値を評価します。
    ※在庫評価費用はお客さまのご負担になります。
  2. 評価結果をもとに、当社で融資審査を行います。ご融資が可能と判断した場合、お客さまの在庫(場合によっては売掛金)に譲渡担保登記を行い、融資を実行します。
  3. お客さまには定期的に動産情報の提供を行っていただきます。
    ※担保価値評価の有効期間は1年とさせていただきます。引き続き動産担保融資をご希望の場合には原則再度実地調査を行います。