環境に優しいエコレンタル

環境コラム第11回「取り組みがすすむグリーンIT」において、エネルギー消費効率の高いIT機器への更新が今後重要になってくることを提示しました。

今回のコラムではグリーンITに対応するオリックスグループの商品「エコレンタル」についてお話します。

インターネットの高速化や情報の大容量化により、サーバを中心とするIT(情報技術)機器の電力消費は増え続けています。経済産業省の試算によると、IT機器が排出するCO2(二酸化炭素)の排出量は2025年に2006年実績比で5倍に増え、2050年には12倍に増える見通しです。また、IT機器の消費電力は2025年に国内総発電量の20%に達するとの試算もあります。

【グラフ1】<ご参考 日本国内の消費電力の推計>

政府が2020年までの温室効果ガス排出量の削減目標を定めたこともあり、IT分野でも省エネやCO2排出量削減への関心が高まり、対策も求められています。サーバの電力消費の「見える化」などで、まずIT機器の利用に伴う環境負荷の大きさをきちんと把握することが必要です。

オリックス・レンテックでは、オリックス環境、日本ヒュ-レット・パッカ-ドと協業し、IT 機器における省エネ・CO2 削減をトータルサポートする新サービス「エコレンタル」をご提供しています。「エコレンタル」は、カーボン・オフセット付きレンタル、電力測定サービス、資産買い取りサービスの3つを総合してご提供する、環境に配慮した新サービスです。お客さまのニーズに合わせ、これらを組み合わせてご提案しています。

図:IT機器における省エネ・CO2削減をトータルサポートするエコレンタル

カーボン・オフセット付きレンタル

日本ヒューレット・パッカード社製の最新省電力サーバを対象とするレンタルにおいて、サーバから発生するCO2 排出量を相殺し、カーボン・オフセット費用をオリックス・レンテックが負担する、サーバレンタルでは国内初の取り組みです。既存サーバをカーボン・オフセットサービス付きレンタルの省電力サーバに入れ替えることで、システム運用に係わるコスト削減と環境負荷の低減ができます。

電力測定サ-ビス

※測定器一例

既存サーバの消費電力の測定や、省エネサーバへの入れ替え後の消費電力測定を行い、消費電力量低減データなどを提出いたします。また、必要に応じて空調整備、照明設備などの消費電力測定、それらの計測結果を基にした省エネコンサルティングも行います。
測定例:消費電力、温度/湿度、風速、電源品質(ノイズ、高調波)、電磁波など。

資産買い取りサ-ビス

不要になったサーバ・パソコンなどの設備機器をお客さまから買い取ります。お客さまは廃棄に伴う処理コストの削減と事務処理の軽減ができますし、売却により新たな収益が得られる場合もあります。また、これらの機器はリユース・リサイクルされるので環境負荷低減にも貢献できるといえます。本サービスでは、サーバ・パソコンのハードディスク内に記録されたデータは当社にて安全確実に消去し、その作業結果も報告します。

オリックスグループでは、お客さまの環境負荷低減に貢献するサービスをご提供していますので、ぜひご検討ください。