ホーム > 生命保険 > 保険の活用法 ~契約者貸付について~

お客さまのニーズに合った
最適な保険をご提案します

生命保険
募集代理店:オリックス株式会社
〒261-8501 千葉市美浜区中瀬1丁目3番 幕張テクノガーデンCB棟4F
TEL 043-351-8070  FAX 043-272-5184  (平日9:00~17:00)

知ってるようで知らない保険活用 ~契約者貸付について~

「契約者貸付」はどんな場面で活用できるか知っていますか?

急にまとまった資金が必要となったとき、終身保険や養老保険、長期平準定期保険などの貯蓄性が高い生命保険に長期間加入されている場合、その生命保険の一定の解約返戻金の範囲内で生命保険会社から資金を借り入れることができます。これを「契約者貸付」といいます。(所定の利息がかかります。)
例えば、保険料の支払が困難となった場合、「お宝保険(高金利時代に加入した予定利率が高い保険)」などを解約して支払に充てるのは簡単です。しかしその前に「契約者貸付」や「保険料の自動振替貸付(一定の解約返戻金の範囲内で保険料を立て替える制度)」を有効に活用してみましょう。現状の保障を失うことなく、資金調達ができるかもしれません。

契約者貸付のメリット

契約者貸付を活用するメリットは大きく2つあります。
一つ目は急な資金需要に対し、保険契約を解約せずに資金調達ができる点です。前述したように、予定利率が高い保険契約なので解約したくない場合や、雑収入や雑損失を計上せずに解約返戻金を有効活用したい場合、他にも健康状態や年齢等により新たな保険に加入できないときなどにも有効です。
二つ目は手続きが簡単で、申し込みから貸付実施までのスピードが早い点です。決算書の提出が不要であることや、審査による謝絶リスクがないのも重要な点です。

契約者貸付の注意点

以上のようにメリットが大きい制度ですが、多少の注意点もあります。
一つ目は解約返戻金の90%以内までしか貸付できない保険会社が多い点です。(※1)
また、借入後に元利金が解約返戻金の90%を超えた場合に保険の効力がなくなる場合(失効)があることです。(※2)
そもそも解約返戻金が少ないタイプの保険商品では契約者貸付額も小額となりますので、いざというときに慌てないためには、加入している保険種類には注意が必要です。
二つ目は保険会社や加入されている保険商品によって貸付利率がさまざま(※3)という点です。予定利率が高い商品であれば貸付利率も高いケースがあります。
このような場合は、金融機関で保険を担保に融資を受けることを検討してみましょう。というのも、金融機関であれば、解約返戻金の100%の借入が可能な場合や、現在の市場金利をベースとする分、契約者貸付より貸付利率が低くなる場合があるからです。
なお、これから利用する場合は然ることながら既に契約者貸付を利用されている場合も、貸付利率が低くなる可能性もあるので見直すのも良いかもしれません。
(※1、※2、※3 保険会社、保険商品などによって条件は異なりますのでご加入中の保険会社に確認してください)

契約者貸付以外にも、生命保険契約を活用した資金調達手段は他にもいろいろ考えられますので、お客さまの状況によって最もメリットの多い手段は何かを十分検討されることをお勧めします。
経済環境が厳しい昨今、資金調達手段や、経費削減の観点から、今一度、生命保険を有効に活用できているか確認されてみてはいかがでしょうか。

※契約者貸付についてのお問合せ・お申し込みについては、ご加入中の保険会社に直接ご連絡をお願いします。

【オリックス生命保険のご契約者さま お問い合わせ先】
オリックス生命保険ホームページ「契約者貸付について」をご覧ください。
ページの上部へ
総合受付はこちら
メールニュースお申し込み