ホーム > インターネット支払システム(e-Cash discount)
> お客さまの声 株式会社フジデン様 導入事例

手形にかかわるコスト・手間・リスクを軽減
手形削減率の高い支払システム

インターネット支払システム(e-Cash discount)

e-Cash discount導入事例  : お客さまに聞く

事例一覧

お客さまに聞く
インターネット支払システム「e-Cash discount」導入事例
株式会社フジデン様

(左)本社総務部 八重樫部長 (右)本社総務部 芹川課長株式会社フジデン様(以下、フジデン様)は、昭和52年に大手電線メーカーである株式会社フジクラ様と大手電線問屋の播州電機株式会社様、三井物産株式会社様の共同出資により設立された電線の専門商社です。
電線とひとくくりに言っても、種類・用途はさまざまです。フジデン様は屋内配線用の電線の取り扱いにおいて、工事業界では知らない者はいないトップクラスの地位を築いておられます。「企業の繁栄は顧客に支えられて生まれる」という経営理念のもと、メーカー様とユーザー様を繋ぐ架け橋として、双方から深い信頼を獲得されています。

お取引先との信頼関係をとても大切にされているフジデン様に、手形削減を目的に「e-Cash discount」を採用いただいたポイントについてお話を伺いました。

手形削減のご検討

本社総務部 芹川課長「「e-Cashdiscount」の導入は2014年11月になりますが、それ以前より手形削減については検討をしていました」とおっしゃるのは、本社総務部芹川課長。

手形発行に対する問題意識があり、何か便利な方法はないか?と本社総務部内でも模索されていたようです。

手続きの簡単さ

具体的に検討したのは、オリックスの「e-Cash discount」と全国銀行協会の「でんさい」の二つです。
「でんさい」については、複数の取引銀行から提案をいただきました。
まだ「でんさい」自体が本格的に稼働する前でしたが、詳細の説明を受けて検討しました。
手形を電子記録債権に変えて発行するという点では、印紙代や発行の手間が削減できるメリットを感じました。
ただ、お取引先にも使っていただけけるのかという点が問題でした。
「でんさい」で取引をするには、自社とお取引先の双方がインターネットバンキングに登録していることが利用条件となるため、お取引先にはインターネットバンキングの月々の基本料金をご負担いただかなければなりません。また、お申し込みの際の銀行の審査や書類提出が煩雑で、手間がかかります。お取引先に新たなコストや手間をかけさせてしまうことから、「でんさい」は弊社から一方的にお願いできる支払方法ではないと考えました。

そんな折、取引のあったオリックスから「e-Cash discount」の提案を受けました。
手形を支払データにかえてシステムへ登録するという点で、「でんさい」と同様に印紙代削減・事務効率化のメリットを感じました。

「e-Cash discount」の大きな魅力は、自社だけでなく、お取引先の立場からみても「手続きが簡単」で「手軽に使える」ことでした。

「e-Cash discount」は、お取引先へご案内をしてから、支払開始までの手間がとにかくかからない。
インターネット環境さえあればどこでも使える。書類の提出や審査もなく、全てのお取引先にご案内できる。ネット登録も簡単で、時間も手間もかけることなく、パソコンに不慣れなお取引先でも使っていただきやすい。双方にとって簡略な手続きで手軽に使える、これらの利点を大きく評価しました。
この方法であれば、お取引先にもご負担感なくお願いでき、無理なく手形削減を進めることができると判断しました。

コールセンター

また、もうひとつのポイントが、「コールセンター」です。
お取引先からのお問い合わせに、専用コールセンターが全て対応してくれることで、お取引先の疑問や不安も解消され、スムーズに使っていただけるシステムであると思いました。

実際にご導入されてのご感想

コスト削減・事務効率化

「e-Cash discount」導入から半年が経ちましたが、印紙代の削減はもちろん、手形発行業務の削減による事務効率化が大きな成果です。
手形を作成するだけでなく、郵送・受け渡し、領収書の管理などの業務があるため、月間100~200枚の手形支払をするのに、延べ3人で半日~1日の作業となっていました。
月の支払日も複数ありましたので、かなりの事務負担となっていたのです。
「e-Cash discount」導入後は、1人の人員で1、2時間の短時間で作業が完了するようになりました。
支払データをCSVに変換してシステムへアップロードするだけで済み、操作も至ってシンプルで使いやすい。画面を見て直感的に操作できるので、パソコンに不慣れな人でも簡単に操作できます。

社会的責任

他にも、手形の紛失盗難にかかる社会的信用不安がなくなったことも大きな成果です。
手形という信用を管理する責任を負っていましたが、その点ではリスクの削減になったと感じます。

責任の面でいうと、作業漏れがないという点にもメリットを感じています。
具体的には、システム上で支払スケジュールの期日が管理されており、支払作業日に自動で「支払作業メール」が各担当者へ配信されてくるところが良いですね。
メールに従って日次作業を行えばいいので、スケジュール管理が大変楽になりました。
作業の漏れなくお支払いをするという社会的責任の観点でも大切なことだと思います。

「e-Cash discount」の導入により、より効率的、より低コストでお取引先への確実なお支払いを実現できました。

将来展望

本社総務部 八重樫部長お客様の多様なニーズにお応えできるような幅広い電線商材を取り揃え、即時納入ができるなど、細かなニーズにも対応できるよう、顧客満足度No1を目指しています。
また、非電線分野の商品・商材の拡販を行い、お取引先のニーズにさらに対応できるような体制を作ってまいります。

フジデン様に「e-Cash discount」をご導入いただき、高い評価を頂戴し、大変光栄です。フジデン様の今後のさらなるご活躍をお祈り申し上げます。

株式会社フジデン

株式会社フジデン様のウェブサイトはこちら

設立
: 昭和52年8月19日
資本金
: 1億3,860万円
従業員数
: 210名(※2015年4月1日現在)

掲載日:2015.6.23

ページの上部へ
総合受付はこちら
メールニュースお申し込み