ホーム > 環境総合 > エネルギーサービス > 屋根設置型太陽光発電事業

工場や倉庫の屋根を有効活用
屋根設置型太陽光発電事業

屋根設置型太陽光発電事業

オリックスでは、お客さまが保有する工場や倉庫など大型施設の屋根を賃借して太陽光発電システムを設置する、屋根借り方式の太陽光発電事業を推進しています。
システムの導入はすべてオリックスが行い、お客さまにはオリックスが毎月賃料をお支払いしますので、使っていなかった屋根スペースを資産として有効活用することができます。また、太陽光パネルの遮熱効果による施設内空調の効率改善や屋根の経年劣化の抑制もメリットのひとつです。

屋根設置型太陽光発電事業におけるオリックスの役割

候補対象物件について

屋根形状 ハゼ付き折板屋根(せっぱんやね)
屋根面積 原則10,000m2以上(500kW以上の発電設備の設置が可能な物件)
築年数 原則10年未満(事業開始時点で、移転・建替のご予定がない施設)
積雪環境 垂直積雪量50cm未満
風速環境 耐風圧2,400Pa以下
(建築基準法での基準風速38メートル/秒以下)
立地環境 海岸線より500メートル以上離れた立地が望ましい
(北海道日本海側、東北日本海側地域については海岸線より7km以上離れた環境)

※長期のご契約となりますので「20年以上使用することを前提とした」物件が対象となります。
気象条件・設置条件などから、ご希望に沿えないケースもございますので予めご了承ください。

導入事例

北陸コカ・コーラボトリング株式会社様 砺波工場の屋根に設置する太陽光パネル

北陸コカ・コーラボトリング株式会社様 砺波工場の屋根に設置する太陽光パネル

ページの上部へ
総合受付はこちら
メールニュースお申し込み