ホーム > 環境総合 > エネルギーサービス > メガソーラー発電事業

広大な遊休地をお持ちならメガソーラー発電事業

メガソーラー発電事業

オリックスでは、企業や自治体などが保有する全国の遊休地を賃借し、最大出力1.99MW(1,990kW)以上の大規模な太陽光発電所(メガソーラー)の建設を進めています。
今後は、ファンドを組成するなど、資金調達を多様化させながら、再生可能エネルギーのさらなる普及を目指します。

メガソーラー発電事業の仕組み

候補地条件について

敷地面積 33,000 m2以上(10,000 坪以上)
地目 農地、山林以外
地域地区 地域地区設定状況を確認させて頂きます
(農業振興区域はお引受けできかねます)
権利 権利設定が複雑でない・抵当権設定がない(根抵当権含む)
土地の現況 大規模な造成・森林伐採を伴わない
地すべり・断層が存在する恐れがない
電力系統連系 近隣に高圧用電柱、特別高圧の場合は鉄塔があること
図面 測量図、公図その他何らかの図面をご用意頂けること

導入事例

香川県三豊市に建設するメガソーラー(最大出力2.2MW)完成イメージ

香川県三豊市に建設するメガソーラー(最大出力2.2MW)完成イメージ

ページの上部へ
総合受付はこちら
メールニュースお申し込み