Office

オフィスに安心を

Living

リビングに安心を

School

学校に安心を

Restaurant

お店に安心を

植物由来のミネラルと
日本の最新技術がもたらす
安心・安全な除菌水
どこでも丸ごと除菌可能!

独占販売受付中

scroll

CAC-717

テラ・プロテクトとは

Tera Protect

テラ・プロテクトとは

Tera Protect

強アルカリとテラヘルツ電磁波の
相乗効果により細菌・ウイルスを

99.99%

以上除去可能!

酪農学園大学、食品分析センターSUNATEC、
ボーケン品質評価機構における実験環境下で確認

※全ての細菌・ウイルスを除去できるものではありません

※ご利用環境により効果は異なります

※効果は噴霧液が付いた部分に限られます

※本品は医薬品、医薬部外品ではありません

  • 従来の除菌剤等とは異なり
    化学薬品を一切含まない!

  • 原料は、植物から抽出した
    ミネラルと水のみで環境に
    優しい!

  • 残留性がなく、生体への毒性・
    刺激性は確認されておりません!

最先端の技術から
生まれた安心・安全な
除菌水です

テラ・プロテクトとは

Tera Protect

特徴・強み

Property

化学薬品を含まない
安全な除菌水だからできること

人々の公衆衛生に対する意識が向上し、除菌をすることがより重要視されるようになりました。

しかし、従来の除菌剤の中には使用にあたりさまざまな制限があるものも含まれます。

テラ・プロテクトなら
いつでも どこでも
安心して使用できます

テラ・プロテクトの力の源は、
植物ミネラル由来の炭酸水素カルシウム

テラ・プロテクト独自の製法でメゾ構造体となった炭酸水素カルシウムは、自己放電による電気分解と水素吸蔵作用により、水分子の持つ加水分解性や界面活性の力をそのままに、pH12以上の強アルカリ性状態を保ちます。

※化学薬品は使用しておらず、またpH値も生体接触時の加速放電で瞬時に下がります。実験でも生体への毒性・刺激性は確認されませんでした。

※ミネラル機能水製法特許取得済み(特許登録番号:特許第5778328号、第6030270号、第6154085号、第6185202号)

※ミネラル機能水による単細胞生物ウイルス防除方法特許取得済み(特許登録番号:特許第5864010号、第6664707号、第6664714号)

酪農学園大学 桐澤力雄教授が実施した試験について

試験のポイント

今回の試験では、可能なかぎり短時間の反応時間(2秒程度)でもウイルスの1種について除去効果が確認できました。また、過去の試験でCAC-717(テラ・プロテクト)は、酪農学園大学で所有している全ての動物ウイルス(約25種類:ほぼ全てのウイルスの組み合わせを網羅*)に対して除去効果を示しました。

*:エンベロープの有無、核酸の型(DNA か RNA)、核酸が1本鎖か2本鎖等

実験の内容・手法について

ウイルス液に対して9倍量のCAC-717を加え、2秒程度、10秒、30秒、1分と5分反応させた後、CAC-717の活性を止めて、生きているウイルスを培養細胞で培養して調べました。顕微鏡下で培養細胞の形態変化を指標に、ウイルスの増殖の有無を判定しました。実験に用いたウイルス力価は106.5TCID50/mlです。その結果、全ての反応時間で生存ウイルスはいませんでした。ウイルスの除去率は、99.99%以上でした。

第三者機関による
メゾ構造体炭酸水素カルシウムの有効性・安全性検査

有効性のエビデンス

メゾ構造体炭酸水素カルシウムによる
細菌・ウイルス除去試験

細菌・ウイルスの別 評価 試験結果 試験方法 試験検査機関

ウイルス
(エンベロープ有)

有効

反応時間2秒で生存確認されず

除去率99.99%以上

TCID50 法

酪農学園大学

ウイルス
(エンベロープ有)

有効

室温1分間処理で3 log以上減少
感染力検出されず

TCID50 法

生物科学安全研究所

ウイルス
(エンベロープ無)

有効

ゲノムRNAが有意に減少(3.25log)
便懸濁液中で安定的に減少

TCID50 法

東京大学大学院

ウイルス
(エンベロープ無)

有効

処理2分後にウイルス力価が
検出限界以下に低下

TCID50 法

酪農学園大学

グラム陽性菌

有効

1時間後に生菌数
2.5×10^6 → 1未満
(除去率 99.9999%以上)

普通ブイヨン培地
混釈平板培養法

ボーケン品質評価機構

グラム陰性菌

有効

5分後に生菌数
2.6×10^5 → 10未満
(除去率 99.99%以上)

SCDLP寒天培地
混釈平板培養法

食品分析センター
SUNATEC

各種細菌・ウイルスの除去が実験で確認されております

※細菌・ウイルスの除去が認められた条件及び環境は限定的であり、本製品の実際の利用環境により効果は異なります。

安全性のエビデンス

毒性等の試験

試験項目 結果 試験方法 試験検査機関

急性経口投与
毒性

急性毒性なし

ラット 20mL/kg
単回強制経口投与

食品薬品安全センター
秦野研究所

眼刺激

刺激性なし

ウサギ 0.1 mL点眼

同上

皮膚感作性
(アレルギー反応)

陽性反応なし

モルモット 皮内投与;
同48時間閉塞貼付

同上

皮膚一次刺激性

影響なし

ウサギ 背部皮膚適用

同上

皮膚一次刺激性

安全

ヒト 皮膚24時間閉塞
パッチテスト

きれいテストラボ
試験センター

生体に接触した場合の毒性・刺激性は確認されておりません

有害物質の含有検査

有害物質 検出量* 試験方法 試験検査機関

六価クロム

N.D.(< 5.0 μg/g)

吸光光度分析法

日本紡績検査協会
(現:ボーケン品質評価機構)

カドミウム、鉛

N.D.(< 20 μg/g)

ICP 発光分光分析法

同上

水銀、ヒ素

N.D.(< 10 μg/g)

同上

同上

有害物質(六価クロム、カドミウム、鉛、水銀、ヒ素)は含まれません

*N.D.:not detected. 検出されなかった(分析装置の定量下限未満である)ことを示します

独占販売代理店

オリックス株式会社

事業法人営業第三部 ライフサイエンスチーム

〒105-5135
東京都港区浜松町二丁目4番1号
世界貿易センタービル南館
E-mail:qqtech_info@orix.jp

製造元 株式会社Santa Mineral

〒105-0013
東京都港区浜松町二丁目6番4号 ガリシア浜松町1401号