Knowledge Storeの活用Knowledge Storeで
ご支援できること

Knowledge Storeは、グローバル市場への進出や新規事業の開発を目指すお客さま向けに、スピーディーな事業化や投資価値判断に寄与する市場情報をご提供します。

Knowledge Store(ナレッジストア)は、サブスクリプション型のグローバルBtoB市場情報サービスです。
コンサルティング初期段階の市場リサーチがKnowledge Storeで迅速に行えるので、新領域の市場情報を求めているお客さまの収益拡大に大きく貢献します。

お客さまの課題やミッションに応じて、
Knowledge Storeをご活用いただけます

  • 自社技術を生かした新分野への進出など、中長期戦略を立案したい
  • 新技術の研究開発に対する投資を検討したい
  • 先端技術を持つベンチャー企業に対する投資を検討したい
  • 成長市場へ参入するために新技術での事業開発を検討したい

成長性のある最先端技術市場を
5,500本以上のレポートで網羅!
12産業125事業領域における
市場調査や課題解決を支援します

情報を入手しにくいBtoB産業を中心に、世界中の“高成長が期待できる“ニッチな技術を持つ大企業・研究機関・ベンチャー企業に専門アナリストが直接ヒアリングしてレポートを作成します。
情報源の約70%が公開される前の一次情報なので、 Knowledge Storeを活用することでいち早く市場動向をつかむことができます。

市場情報を提供している事業領域の例

  • Airport Systems

    空港システム

  • Agricultural Biologicals

    農業バイオロジカル

  • Automotive Advance Technologies

    自動車アドバンス
    テクノロジー

  • BFSI Security

    BFSIセキュリティ

  • Adhesives & Sealants

    接着剤&シーラント

  • Clean & Renewable Energy

    クリーン&再生可能エネルギー

  • Consumer F&B

    消費者F&B

  • Advanced Genetic Sequencing

    高度な遺伝的
    シーケンス

  • Cloud Computing

    クラウド
    コンピューティング

  • Building & Construction

    建築&建設

  • Retail Technology

    リテール&テクノロジー

  • Augmented/Virtual Reality

    拡張/バーチャル&リアリティ

アナリストは約500名。理工系の大学院を卒業後、もしくはMBAを取得後、各産業での5~15年の勤務経験を持つ専門家を中心に構成。
体系的な調査手法により品質の高い分析を実現し、世界中の大企業での利用実績を誇ります。
※ 2019年12月時点

  • 先端技術研究で世界的に著名なSRI(Stanford Research Institute)と事業提携をしており、共同で技術・市場の研究を実施。
  • 特定の業界特化型ではなく、多産業の専門アナリストで構成されており、各業界横断で連携し合うことで、さまざまな視点からの網羅的な調査を実現。

Knowledge Store 3つの特長細部まで行き届いた
サービスと機能

1 入手困難な一次情報を基に作成された調査レポートを閲覧可能

”ニッチだが高成長が期待できる技術市場”を中心とした約5,500本もの豊富なレポートが閲覧可能です。
約500名のアナリストが、情報を入手しにくいBtoB産業を中心に、大企業・研究期間・ベンチャーに一次情報を直接ヒアリングして作成したレポートです。
現在および将来の市場規模の予測、市場の概要、競合企業の参入状況などを迅速に把握いただけます。

2 こだわりのインターフェースと機能で検索、情報の把握がしやすい

産業領域のほか「技術・素材名称」「取引先や競合企業」「関連する技術市場」などの切り口でレポート検索ができます。
レポート内容の概要を把握できるインタラクティブビューや、企業同士の市場参入状況の比較、アナリストが選定した各市場のニュース配信など機能が充実しています。
言語設定の切り替えにより日本語での閲覧も可能です(機械翻訳・一部図表を除く)。

3 専門アナリストへの問い合わせや追加調査の依頼が可能

アナリストへの質問・相談
専門のアナリストからの継続コンサルティングが付属しているので、さまざまな課題について無料・無制限で自由に相談が可能です。保有情報の深堀分析が含まれています。
アナリストへの調査依頼
新規調査の実行が必要な場合は、パッケージ内に付属するアナリストアワー(オーダーメイド調査時間)の使用により対応可能です。

日本語の堪能なクライアントサービス担当が円滑なコミュニケーションを支援します。

導入事例

お客さまから高く評価いただいています

経営企画部門

「新興技術についての定量的な将来予測をこれだけ網羅しているサービスは他にない。」

中長期の成長戦略を描くために、将来のトレンドを予測するプロジェクトを推進。
将来の市場ドライバーである新興技術については、定量的な情報や将来予測情報が見つからず、情報不足に苦慮していた。
情報の網羅性は非常に高く、自社と一見関係のないような市場も含め、高成長市場・技術をさまざまな業界で幅広く探索できる。
また、定量情報がさまざまな切り口で載っており、根拠の問い合わせもできるため、成長戦略策定が大幅に効率的になった。

大手半導体メーカー 経営企画執行役員

技術企画部門

「技術的競争力だけでなくその市場性が問われる時代。経営陣の問いに即座に答えられる。」

新素材・新技術の開発をミッションとしているが、かつては特許と技術的競争力の調査だけしていれば良かったものの、今は経営陣から厳しくその市場性・事業性を問われる。
技術者は特許や技術については詳しいが、どれだけ収益性が見込めるかという観点では不得手なのが実情。
新技術を網羅しており、その全てに対して市場性の回答を得られ、掲載されていない場合でもオーダーメイドで調査依頼できるので痒いところに手が届く。
知っていると思っていた技術でも知らない用途やユーザーの発見がある。

大手素材メーカー 技術企画部長

新規事業企画部門

複雑化した今の事業環境下での思い込みは危険。客観的な分析に基づいた判断ができる。」

昔はプレイヤーの数も多くなく、業界はシンプルで、競合の動向は概ね把握でき、取るべき行動も判断しやすかった。
今は競争環境が大幅に複雑化して判断が難しくなり、一方で営業担当者や技術者は自身の相対の顧客やパートナーが言っていることを全てだと思い込みがちであり、ここに囚われるのは大きな経営リスクだと懸念していた。
MarketsandMarkets社は複雑なバリューチェーンの全てを横断的に調査ができ、客観的で冷静な経営判断に大きく貢献してくれる。

大手化学メーカー 新規事業開発執行役員

サービス運営会社

BtoB市場のあらゆる分野のマーケットレポートを提供する調査企業。
Forbes Global 2000に選出されているグローバル企業の80%がMarkets and Markets社のサービスを利用しており、なかでも化学企業との契約が多く、約500人のアナリストがあらゆる新しいテクノロジーに関する情報や数値データを集めてきました。

会社名
Markets and Markets Research Private Limited.
代表
CEO : Sandeep Sugla
所在地
Tower B5, 1st Floor, SEZ building, Magarpatta City, Pune – 411013 India
設立
2010年9月12日
従業員数
約1,000名(2019年12月現在) うちアナリスト約500名
2019年12月時点
事業内容
  • 企業へのヒアリングを通した市場調査の実施・分析、レポートの作成、販売事業
  • 蓄積情報のサブスクリプションサービス展開「Knowledge Store」
  • コンサルティングサービス、顧客カンファレンスサービスなど